恋愛・結婚

結婚式場の見学相談をするなら「ゼクシィ」にいくのがおすすめ!

こんにちわ『Life Design やすわか』の若葉🍀です。

入籍、結婚……人生において大変大きなイベントですよね。長い人生において、10回も20回も経験するものではなく、大抵の方が一度しか経験することのない大事なものです。

一度しか経験しないからこそ、その手順や段取りって本当に分かりませんよね。私たちもそうでした。逆に言えば、その段取りが分からず自分たちの感覚でやったことも後から「やっちゃったね〜」なんて反省したりもしました。

後から周りに色々言われるのも嫌ですし、キチンと一区切りとして行うのであればしっかりと進めていきたいものですね。

そんな右と左も分からないといったあなたにお勧めなのが【ゼクシィ】です。ゼクシィはよく雑誌で見かけますよね。こんなやつ。

この【ゼクシィ】が相談カウンターを設けているのはご存知でしたか? 私は今回初めて知りました!

「何から始めればいいのか全く分からない」「だったら相談に行こう!」というのがきっかけで相談に行って来ました。そしたらすごく良かったので、みんなにもおすすめしたい。

これは私の実体験を踏まえた記事となります。行いたい式などの内容によっては内容が異なる場合もあるかと思います。

ゼクシィは予約ができる

ゼクシィ】はホームページから予約をすることができます。私は予約をしてから行きました。

ゼクシィ相談カウンターはインターネットで検索すれば、たくさん出てきます。その中から自宅から、もしくは職場から近くて行きやすい相談カウンターを選んで電話をしましょう。

相談カウンターは予約なしでも大丈夫なようですが、その日の混み具合などによって待ち時間がかなり発生したり、満足のいく相談にならなかったりとデメリットも考えられますので、予約をすることを強く勧めます。

ちなみにゼクシィの電話先の方は大変明るく対応して下さいますので、電話の時点からとてもワクワクしちゃいますよ。

もちろん変更、キャンセルも可能です。私は旦那の仕事の都合で5回ほど日時変更の電話を入れてしまいましたが、とても丁寧に対応して頂けました。

ゼクシィ

ゼクシィ相談カウンターへ行ってみる

ゼクシィ相談カウンターに行くと、私たちのために用意してくれたテーブルがあり、そこにはゼクシィの雑誌がズラリ。

「ゼクシィの雑誌ってこんなに分厚かったっけ?」と思いました。これだけ情報があっても逆に2人だけでは選び切れなかったな、と改めて感じましたね。

そして用意して頂いた飲み物を飲みながら待っていると、大変明るいお姉さんが登場。素晴らしい笑顔で挨拶をして下さいました。

当日の流れ

①担当者によるカウンセリング

まず問診票のような両面の質問用紙を記入していきます。そこでは氏名、住所など基本的な情報だけではなく、やりたい結婚式のイメージや具体的な希望を記入していきます。それが両面に結構な量でありますので、私たちは書き終わるのに少し時間が掛かりましたね。

そしてその質問用紙を基に、担当者のカウンセリングがスタートです。そこからさらに細かなことをたくさん聞かれ、どんどん形にしていきます。

ちなみに式場のことだけでなく、新婚旅行についてもいろいろ聞かれました。式を挙げてそのまま行くか別日に行くか。国内か海外かなどなど。たしかに相談に行く時点で、あんまり新婚旅行のことまで考えていなかったのでいいきっかけになりましたね。

ちなみにこの段階で「へぇなるほど!」といった結婚式ノウハウをたくさん教えて貰うことができます。とても勉強になりますよ。

②式場のご提案

最終的に挙げる場所の希望や予算を伝えたら、いよいよ式場の提案が始まります。

私たちの場合はちょっと特殊で、たくさん呼んで披露宴まで…ではなく夫婦2人だけの小さな結婚式を挙げる予定でしたので、それが可能な式場を分厚いファイルで5〜6ヶ所ほど持ってきてくれました。

それぞれの式場の特徴やここだけしかできないことなど、たくさんのアピールポイントを教えてもらった後、見学したい式場を選びます。

ここではあまり深く考えすぎず、気楽に選ぶ方がいいと思います。見学に行ったから必ずここに決めなければならないというルールはないからです。

生まれて初めて挙げる側として行く式場見学ですので、とりあえず2〜3ヶ所決めて見学へ行き、それらをベースにまた別の式場を提案してもらうこともできると言われました。そう言って頂けると、すごくホッとしますよね。

③見学の日程調整

これは自分たちで行う必要はありません。すべて担当者が間に入って調整をしてくれます。あらかじめこちら側の都合を伝えておけば、あとは担当者と式場の方でやりとりをして日時が決まります。

ここまで決まれば、あとは私たちと式場との直接やりとりが始まります。

実際見学に行き、気になるところをとことん式場の担当者と話し合います。見学が終わった頃に、ゼクシィの担当者から電話が入りますので、感想や意見があればそれを伝えます。

実際に足を運んでみると、写真だけじゃなんとなくだったことを、ハッキリ理解することができます。そしてその感覚を元に、別の式場を見てみたい場合はその旨を伝えればいいのです。すると担当者の方がまた間に入り、式場の予約を取ってくれます。

カウンターでの流れはこんな感じです。とても簡単で、難しいことは何もありませんね。ゼクシィの方がうまく立ち回ってくれますので、とても頼りになります。



他にはどんなことをしてくれるの?

ちなみにゼクシィ相談カウンターでは、他にもいろいろなことをお手伝いしてくれます。

海外挙式も探してくれる

日本国内だけではなく、海外の挙式も探すことができます。

これから式を挙げる2人の意向にできるだけ沿うようなご提案をして頂けるんですね。

二次会や披露パーティーの見学予約

私たちはどちらも希望しませんでしたが、二次会や披露パーティーを考えている方もこちらですべてご相談ができます。

各会場への連絡や来店予約など、すべてサポートしてくれるようです。

指輪の相談、試着ができる

婚約指輪、結婚指輪なんかの相談にも乗ってもらえます。

ここでは指輪選びのノウハウをいろいろ教えて頂けそうですよ。いろいろ迷っている方にもオススメ。

結婚情報ゼクシィには指輪選びやショップ探しについて分かりやすく書かれているので、迷っている方は一度足を運んでみるといいですよ。

ウェディングアイテムの検討ができる

今ウェディングアイテムはネット通販で購入するのが主流のようですが、ゼクシィ相談カウンターではそういったウェディングアイテムに関する相談にも乗ってもらえるようです。

通販は手軽で便利ですけど、せっかく結婚式をするならキチンと実物を見て決めたいですよね。

ちなみにわたしたちはあまりの時間のなさにネットで探しました(笑)

【結婚式】花嫁のヘッドドレス小物を購入できるおすすめ通販サイト3選こんにちわ『Life Design やすわか』の若葉🍀です。 今回は結婚式で着るウェディングドレスやカラードレスに...

保険の相談ができる

コレ! オススメです!

今たくさんの保険がCMなどで流れていますよね。入った方がいいと分かっていても、実際「どの保険がいいのか…」とか「どのタイミングで加入すればいいか分からないとか…」いろんな悩みで保険の加入や見直しを先送りにしている皆様必見。

ゼクシィ相談カウンターでは、店舗によっては保険の相談もできます。別枠で予約が必要ではありますが、ちゃんと資格を持ったスタッフさんが対応してくれます。

せっかく家族になるわけなので、このタイミングで保険の相談もお願いしちゃいましょう。

保険の相談について知りたい方は下記の記事もおすすめしています。

結婚式でお馴染みのゼクシィで、保険の相談をしてきた!こんにちわ、若葉🍀です。 ゼクシィというと、皆さんは何をイメージしますか? 「結婚相談💒」…...

まとめ

いかがでしたでしょうか。ゼクシィ相談カウンターでは、結婚式に関するノウハウだけでなく、これからの人生に必要なご提案までしてもらえる素敵な空間です。

ここまでのサポートをしてくれるにも関わらず、料金は一切掛かりません。またビジネス営業マンのようにゴリ押ししてくることもありません。

あくまでそれを使用する私たちの意向や気持ちを大切にしてくれるスタッフさんが揃っています。今回私たちもたくさんのことを相談できて本当に良かったです。ぜひ皆様も足を運んでみてください。

ゼクシィ

ちなみに下記の記事は私が式場選びの際に感じたことをまとめていますので、ぜひ読んで欲しい。式場選びに失敗して後々後悔したくはないもんね。こちらの記事もあわせてどうぞ!

人生で1度だけ。失敗&後悔しない結婚式の式場選びを考えてみる。こんにちわ、今まさに式場選びを終えて、挙式に向けて準備中の若葉🍀です。 平成30年4月27日に無事に挙式を終え...
ABOUT ME
若葉
楽しいことが大好きな自由人マイペース妻。感覚と勢いで生きている反面、メンタル分野で働くスペシャリスト(国家資格者)でもある。猫みたいな性格だとヤス(夫)からよく言われる。ちょっと特殊な遠距離恋愛の末、ヤスと結婚。遠距離恋愛、結婚・入籍や子育て、夫婦生活、生活の知恵などについて記事を書いてみようと思った。家族と過ごす時間を豊かにするためのブログにしていきたい。
理想を叶える結婚式場探しは『Hanayume(ハナユメ)』で

Hanayume(ハナユメ)は花嫁の夢を叶える結婚式場探しができるサービスで、 全国の結婚会場情報とブライダルフェア・式場見学予約サイト。

結婚式について考え始めた方は、まずはHanayume(ハナユメ)へ!!

Hanayume

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください