妊活

男女の産み分け。アルカリ性は男の子、酸性だと女の子が生まれやすい!

若葉
若葉
こんにちは、内心男の子が欲しいなぁと思っている若葉です!

赤ちゃんを望む皆様は、「男の子が欲しいなぁ」「女の子だといいなぁ」と1度くらいは思ったことがあるはず。

その男女の産み分けが、実は可能だっていうこと知っていましたか? 『ゼリー』を使う手もありますし、福さん式での産み分け方法もあるんです。

確実に産み分けができるというよりも確率が上がるということですが、ちょっとの工夫で欲しいと思う性別の赤ちゃんを授かれたら嬉しいですよね。

アルカリ性と酸性

洗剤の話ではありません(笑) これは、女性の膣の中が、アルカリ性か酸性かで、男女を産み分けできちゃうというお話です。

実は、膣の中がアルカリ性だと男の子、酸性だと女の子が生まれやすいんです。

アルカリ性の中だと精子が元気に卵ちゃんまで進むことができて、男の子が生まれやすいのです。

これが酸性の中だと精子たちはとてもつらいらしくたくさん死んでしまいます。環境の悪い酸性の中を無事に卵ちゃんまで辿り着けた精子は、女の子が生まれやすいということなんですね。女の子強いですね。

アルカリ性にするには?

アルカリ性にする一番いい方法は、女性がオーガニズムを感じることだそうです。

元々の膣内は酸性ですが、オーガニズムを感じると膣内が一気にアルカリ性に変わります。そこで精子くんが出されると、元気良く卵ちゃんまで進んでいくことができるというわけなのです。

ちなみに福さん式で有名な福さんは、オーガニズムを感じた後、膣の一番奥で精子くんを出してもらったとブログに書いていました。その1回で男の子を授かっているんです。すごいです。

また福さん式の内診をされている方は、ご存知の方多いと思います、『のびおり』。このびよ〜んとよく伸びるのびおりはアルカリ性だそうですよ。

なので精子くんが卵ちゃんまで元気良く移動しやすいということなんですね。

酸性にするには?

酸性にするための特別なことはいらないと思います。なぜなら、女性の膣内は常に酸性の状態だからです。

福さん式で有名な福さんは、旦那様が精子くんを出すタイミングで膣内の奥の方ではなく、手前の方に出してもらい、1発で女の子を妊娠できたそうです。

ただ酸性だと精子くんたちはほとんど死んでしまうといいますので、本当に確率の問題があるなぁと思っています。

そう考えると、女の子ってたくましいですね!

産み分けゼリーがある!

私は使用したことがありませんが、産み分けゼリーという商品が通販などで手軽に購入することができます。

産み分けゼリーとは、膣内に入れることで膣内pHを調整してくれるという画期的なアイテム。結構利用している人も多く、約80%の女性が産み分けに成功しているというデータがあります。すごいですね!

例えば【ハローベビーゼリー】という商品だと、注射器のようなものでゼリーを膣内に注入する商品になっているので、使い方はとても簡単です。1人目で使用するというよりも、2人目、3人目で使用される方が多いそうです。

産み分けゼリーは医療品ではないので、このようにAmazonや楽天なんかでも購入できちゃいます。

とはいえやはり偽物も出回っているようですので、公式サイトで購入されることを強くおすすめします!

妊活カップル応援潤滑ゼリー【ハローベビーゼリー】

まとめ

男女の産み分けが出来るなんてすごいですよね。何も使わず、女性の体質だけを利用して男女の産み分けに成功した福さんってすごいですよね。

産み分けゼリーを使用される方は、女性の膣内に入れますので、衛生管理には十分に気を付けましょうね! 最近の産み分けゼリーは使い切りタイプですし、より安心して使うことができます。

妊活は無理なく楽しくぼちぼちとやりましょう💕 良い妊活ライフを💕

ABOUT ME
若葉
楽しいことが大好きな自由人マイペース妻。感覚と勢いで生きている反面、メンタル分野で働くスペシャリスト(国家資格者)でもある。猫みたいな性格だとヤス(夫)からよく言われる。ちょっと特殊な遠距離恋愛の末、ヤスと結婚。遠距離恋愛、結婚・入籍や子育て、夫婦生活、生活の知恵などについて記事を書いてみようと思った。家族と過ごす時間を豊かにするためのブログにしていきたい。
ライフスタイル情報アプリ『LOCARI』

恋愛・結婚、ファッション、グルメ、インテリア、DIYなどライフスタイル情報まで無料で幅広く配信しているのは『LOCARI(ロカリ)』だけ。

iPhoneはこちらandroidはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください