アラサーの生き方

「人に好かれなきゃいけない」→「人に好かれなくてもいい」と思えるラクな生き方へ

こんにちは、『Life  Design やすわか』の若葉🍀です。

私はこれまでずっと、人に好かれなきゃいけないという生き方をしてきました。常に誰かの顔色を伺い、相手を尊重し続け、本音で話が出来ず、勘違いされやすい。

毎日毎日それの繰り返しなので、人付き合いでへとへとになる日々が続いていました。

そしてある日、割と一緒に仕事をしていた上司がわたしの居ないところで、その人の持っている私に対する印象や私に対する思いなどを言っていたらしいのですが、それを聞いた瞬間、『そういう風に思ってたの?』と驚いたんです。

これまで一切本音で話さず、相手に合わせるだけだったので当たり前と言えば当たり前のことだったんですが、自分なりに頑張って好かれようとしていたにも関わらず、そういう見られ方をしていたので、一気に疲れが増しちゃったんですよね。

こんな意味のないことをするくらいなら、最初からしない方がマシだと思ったし、それ以上に『どうしてこの人は人をそんな風にえらそうに評価しているんだ』と怒りまでこみ上げたくらいです。

そう考えた瞬間、考え方を改めようという気持ちになりました。これまで必死に人に気を使ってきた生き方を変えていこうと思ったんです。

いろんな考え方があると思いますが、私と同じように人にすごく気を使って生きている方、本音で会話が出来ない方たちの刺激になる記事になれば嬉しいです。

本音のコミュニケーション

『人は人、自分は自分』これまで幾度となく目にしてきたこの言葉ですが、頭では分かっていたものの実際他人を目の前にすると、この考え方が頭から消えていたのが現状でした。

人が「A」と言うと、私は頭の中にある『B』を出さずに、「A」と言います。

自分の中では「A」なんて全然興味もないし、そもそもよく分からない内容のものだってあるんですが、それでも口にするのは「A」になっちゃうんです。これが本音で会話できないという実態です。

どうしてこんなことが起こってしまうんでしょうか。それは人と反する『B』と言ってしまうと、その人から嫌われてしまうのではないかという思いがあるからです。

嫌われるとどうなるのか、それを知っているからこそ自らその沼にハマっていくようなことはしませんよね。

そのため人と会話するときは、いつもの100倍くらい神経を使います。私は一応人の心に携わるお仕事をしているので、割と人の考えなどを見抜きやすいのですが、『これだとこう返されるかもしれないから、こう返そう』と次の反応まで予測して、頭の考えながら会話していました(笑)

会話が全然面白くないのに、ものすごく爆笑する素振りを見せるなんてしょっちゅうでした。「私は女優になれるんじゃないか」とずっと思っていました(笑)

相手を尊重する態度

これは上の「本音」とちょっと似ているのですが、相手を尊重する姿勢や態度のこと。

「本音」もそうですが、どちらも社会で生きていく上でとても大切なこと。これらがないのも非常に問題だと思うのですが、私の場合はこれらが過剰でしたね。

相手を不快にさせない気配りや配慮を徹底的にやっていました。話しかけられれば、すぐに手を止め相手の方に体を向けて話を聞きます。どんなに自分の仕事が終わっていなくても、「後からでもいい?」と言うことができませんでした。

やりたくもないのに「私がやっておこうか?」と言ってしまいやすい。頼まれれば受けてしまうし、相手の意見や考えは全て尊重します。

自分でまとめておきながら、結構大変な生活をしていたものだと改めて感じてきました(笑) 毎日ずっとこんなことしていたら疲れちゃいますよね(笑)

100人中100人に好かれるのは無理!

無理です。ハッキリ言います。

人はいろんな価値観や考え方を持った生き物です。職場などではそんな人たちがひとつの箱の中に入って集団行動をしますよね。そんな中全員にいい顔をして、全員から好かれるのは本当に難しいです。

逆に「八方美人」だと言われて嫌われてしまうかもしれませんよね。

例えば『焼肉食べに行こうよ』と誘われて「え~寿司が良い」と返したとすると、中にはめちゃくちゃイラッとする人と、「じゃあ寿司に行こう!」と言ってくれる人っていると思います。

『この人は寿司が好きだから寿司って言おう』とか『この人は焼肉…』なんて色々考えながら会話するのって面倒臭いですよね。

他には『お菓子何が好き?』と質問した時に「和菓子」と答える人や「ケーキ」と答える人もいますよね。そんなバラバラの意見に合わせてお土産を買ってくるのも無理な話です。

それら全部に合わせてコミュニケーションをとるのは本当にしんどいことなんですよね。

「NO」と言ってもいい

私を含めて「好かれようとしている」人たちって、「NO」と言えない人たちが多いです。断りを入れることすら上手にできないんですよね。

自分に当てはめて考えてみると分かりやすいのですが、相手の言ったことを訂正したり、友達からの誘いを断ったりするのって、全然何とも思わないものですよね。

これはあなただからそう思うのではなく、みんなそう思っています。「そっかじゃあまた今度誘おう~」とか、そんな程度にしか思っていません。

それを「なんだあいつ!」と思う人の方が変なのかもしれません。それくらい普通なこと。

好かれることに力を注がなくてもいい

今あなたが全力を注いでいる『好かれる努力』。そろそろちょっと、肩の力を抜いてみませんか。

意外とみんな、私たちが思うほど何とも思っていないものです。

それに、いちいちいろんなことに気を回さなきゃいけないので疲れちゃいますよね。

これまで相手を大事にしてきた気持ちを、ちょっとずつ自分に向けていきましょう。自分を大事にすることを知っていってください。

勇気を出してちょっとずつ本音と「NO」を一緒に増やしていきましょう。

私も少しずつですが、努力しています。気にしないようにしていると、すごくラクなことに気付けたので。

気付くことが出来ると、あとは自然と出来ることが増えていくと思います。あなたの人生なので、あなたのために楽しく生きていきましょう✨

ABOUT ME
若葉
楽しいことが大好きな自由人マイペース妻。感覚と勢いで生きている反面、メンタル分野で働くスペシャリスト(国家資格者)でもある。猫みたいな性格だとヤス(夫)からよく言われる。ちょっと特殊な遠距離恋愛の末、ヤスと結婚。遠距離恋愛、結婚・入籍や子育て、夫婦生活、生活の知恵などについて記事を書いてみようと思った。家族と過ごす時間を豊かにするためのブログにしていきたい。
ライフスタイル情報アプリ『LOCARI』

恋愛・結婚、ファッション、グルメ、インテリア、DIYなどライフスタイル情報まで無料で幅広く配信しているのは『LOCARI(ロカリ)』だけ。

iPhoneはこちらandroidはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください