ブログ運営

関連コンテンツ解放! 解放時の条件やストークへの設置方法まとめ

若葉
若葉
皆様こんにちわ、ようやく関連コンテンツが解放されたブロガーの若葉です!

何気なく開いたアドセンス画面に『関連コンテンツ』の文字が…。「まさか!」と思って開いてみると、関連コンテンツが解放されていました~!

ご覧の通りでございます。これは嬉しい。収益アップに繋がることを大いに期待しています。

さて今回は、私が解放されたときの条件がどんなものだったのか、というところと簡単ですが設定方法についてお話してみようと思います。

解放の条件って、ちゃんと告知されていないんですよね。私の他にもいろんな人が解放時の条件をまとめていますので、合わせて参考にしてもらえると嬉しいです。

また関連コンテンツは、使っているテーマによって設定方法が異なります。今回私が解放させたブログのテーマは『ストーク』でしたので、そちらのまとめ方も公開しています。

関連コンテンツ解放時の条件

まずこちらですが、私は複数のブログを運営していて、そのうちのひとつが解放されました。

私が発見した日を基準に、解放時の条件をまとめてみますね。

  • 運営日数:2年2ヶ月
  • アクセス数(日):800~1000pv
  • アクセス数(月):25000~30000pv
  • 記事数:89記事

という感じです。運営日数は長いんですが、本格的にSEOを意識したり、収益化に取り組み始めてからは7ヶ月くらいだと思います。

記事数は100記事ないブログでしたが、解放されたんですよね。そう考えると、安定したアクセス数が条件になっているような気もします。

【ストーク】関連コンテンツの設定方法

まずはコードを取得しましょう。難しくないので大丈夫ですよ。

広告コードを取得

まずは『広告ユニット』から『新しい広告ユニット』を選択します。

 

作成する広告の種類は、『関連コンテンツ』を選択。

 

そうすると広告の設定をする画面が出てくるのですが、この『対象サイト』の横のプルダウンに表示されているドメインしか関連コンテンツが使用できませんので注意してください。

 

そして『対象サイト』の右側にあるこちらで簡単な設定を行います。それぞれの詳細はこんな感じです。

広告オプション 関連コンテンツの関連記事の間に広告を表示させるかどうか。
スタイル フォントや色の変更が可能。
サイズ レスポンシブもしくはカスタムが選択できる。

 

設定方法は以上で、その後出てくる広告コードを指定の場所へ貼り付ければOKです。

それではストークへの貼り方を説明します。

ストークへの設置方法

まず『ストーク』への貼り方は2パターンあります。

ひとつめは、ヴィジェットのここです。

上はスマホ、下はパソコン表示です。ここにコードを貼り付ければOK。ここに関連コンテンツのコードを貼った際は、記事下SNSの上あたりに表示されます。

ただここに貼り付けただけだと、『ストーク』で既存にある関連記事…

これと被ってしまいます。通常表示なので、関連コンテンツを設定しても消えないんですよね。気にならない方はこのやり方で問題ありません。関連記事が2つ表示されますが、それだけたくさんの記事を紹介できますからね。

中には見た目などの問題で、「関連記事は関連コンテンツのみにしたい」という方もいると思います。そういった人はふたつめのやり方として、まず既存の『RECOMENNND』を消して、その部分に関連コンテンツを表示させるようにするといいと思われます。

消し方については、OPENGAGEさんの公式に書かれていますので、そちらを参考にしてください!

無事に消せた後は、同じ『parts_singlefoot.php』内の一番上に、関連コンテンツのコードを貼り付けましょう。これで『RECOMENNND』の場所に関連コンテンツが表示されるようになります。

まとめ

やりました~。関連コンテンツが解放されるとやっぱり嬉しいですね。

他のブログが解放されたらまたこの記事か、別記事にてご紹介していきます。どれだけ収益が上がるのかも検証してみて、そっちの記事も今後アップしていこうと思います。

ABOUT ME
若葉
楽しいことが大好きな自由人マイペース妻。感覚と勢いで生きている反面、メンタル分野で働くスペシャリスト(国家資格者)でもある。猫みたいな性格だとヤス(夫)からよく言われる。ちょっと特殊な遠距離恋愛の末、ヤスと結婚。遠距離恋愛、結婚・入籍や子育て、夫婦生活、生活の知恵などについて記事を書いてみようと思った。家族と過ごす時間を豊かにするためのブログにしていきたい。
WordPressにはエックスサーバーがおすすめ!

このブログもお世話になっている『エックスサーバー』。安心と快適さを兼備した高性能レンタルサーバーなのに手ごろな料金でレンタル可能。機能性も高く、非常に心強いサーバーです。

レンタルサーバー Xserver

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください